ヘルペスは身近なウイルス

ヘルペスと聞くと皆さんはどういうイメージを持たれますか?何か恐ろしい病気なのかと思う人もいると思いますが、実は誰しも感染しているウイルスでよく聞く感染症として水ぼうそうがあり、ヘルペスは身近な感染症だというのが分かります。

一般的なヘルペスウイルス

ヘルペスウイルスは顔面などに水ぶくれができる状態の病気です。よくあるのが子供の頃の水ぼうそうで、この時に免疫が付いて、その後は発症する確率が下がります。ほとんどの人が感染しており、普段は症状が出てこないのが特徴です。風邪や疲れなど体の抵抗力が落ちると、突然暴れ出して発症することがあります。
8種類のヘルペスウイルスがありますが、一般的なのは単純ヘルペスウイルス1型と、2型の2種類のタイプになります。口唇の周囲に水ぶくれができたり、口内炎ができるのは1型で、上半身に現れるものばかりです。逆に2型は下半身に現れるもので、性器ヘルペスなどがあります。
特に口唇ヘルペスは目に見えてわかりやすい症状で、風邪で体調を崩したり、疲れて体がだるくなっているときに、唇の周りに小さな水ぶくれが複数現れます。日本人の10人に1人は経験があると言われるほど一般的な病気です。最初は口の周りが赤くなり、数日経つと小さな水ぶくれができます。ピリピリとした痛みや痒みがありますが、水ぶくれが破れてかさぶたになると、2週間ほどで治ります。
通常の感染経路は人との接触が主ですが、グラスなど人が触ったものから通じて、皮膚や粘膜に感染します。感染者の水ぶくれが破れた状態で患部を触ると、その部分からウイルスが付着して、他の人に感染させてしまう可能性があるので、口唇ウイルスの場合はマスクなどを着用して、患部を触らないように注意する必要があります。
基本的には放っておいてもすぐに治る病気ですが、大人になってから初めて感染すると、高熱を伴うなど重症化します。この場合は医師の診断を受け、抗ヘルペスウイルス薬や抗生物質などの治療薬が必要となります。

■バルトレックスで確実にヘルペス治療をする
バルトレックス:バラシクロビル
■ご存知でしたか?
通販で性病の薬は購入できる
■患部へ直接塗り込む
ベセルナクリームの使い方をチェック