ヘルペスは身近なウイルス

ヘルペスと聞くと皆さんはどういうイメージを持たれますか?何か恐ろしい病気なのかと思う人もいると思いますが、実は誰しも感染しているウイルスでよく聞く感染症として水ぼうそうがあり、ヘルペスは身近な感染症だというのが分かります。

ヘルペスの頭痛を含む性病症状について

ヘルペスとは、誰もが感染する可能性のある皮膚の感染症です。単純ヘルペスウイルスというウイルスが原因で、水ぶくれやただれたような症状が現れます。
ウイルスには、1型と2型の2種類があります。1型は、口の周囲や顔に発症する口唇ヘルペスです。2型は、性器や下半身などに症状が性器ヘルペスというものです。
性器に出る症状は、性行為による感染がほとんどといわれています。性病症状には、陰部に強い痛みを感じます。又、性器にできる水ぶくれや潰瘍、高熱やそれに伴う頭痛などを発症します。特に女性は、排尿時にかなりの痛みを伴います。
性器ヘルペスは、初発は痛みや頭痛などの症状がかなり強いといわれています。こちらの症状は、再発を繰り返す可能性が高く、疲れたときや体力が弱っているときに感染します。再発の場合は、痛みや頭痛症状が比較的に性病症状は軽いのですが、少しでも気になる症状が出てきたら、すぐに医療機関に受診することをお勧めします。下半身における性病症状を発症した場合に受診すべき医療機関の診療科は、女性は産婦人科、男性は泌尿器科、男女共通するのが性病科です。
又、ヘルペスウイルスの感染は、男性よりも女性の方が感染する確率が高いことが分かっています。そして、性に対してオープンになってきた禁煙、若者層の感染もかなり多くなっています。
ヘルペスなどの性感染症に感染しないためには、日頃から予防が重要となります。性行為をするときはコンドームをつけること、ストレルや疲労をためないことなどです。そして、自覚症状がなくても、パートナーに症状があったり、感染が発覚した場合は、自身も感染している可能性は非常に高いので、速やかに医療機関に受診しましょう。