ヘルペスは身近なウイルス

ヘルペスと聞くと皆さんはどういうイメージを持たれますか?何か恐ろしい病気なのかと思う人もいると思いますが、実は誰しも感染しているウイルスでよく聞く感染症として水ぼうそうがあり、ヘルペスは身近な感染症だというのが分かります。

ヘルペスへの感染と男女の違い

性器ヘルペスというのは、文字どおりに性器やそのまわりに単純ヘルペスウイルスII型とよばれる病原性微生物が感染することによって起きる病気です。
このウイルスは、主に性行為によってパートナーから感染することが多く、性行為をした後にいきなり発症するというのではなく、数週間程度の潜伏期間を経て発症することが多いとみられています。
男性、女性を問わず発症し、症状としては、小さな水ぶくれが集まったようなものが、性器やその周辺の感染した部位に出現して、痛みとかゆみがあるのが特徴といえますが、男性の場合と女性の場合とでは、その症状の程度が異なることがあります。
男性の場合、比較的水ぶくれやかゆみ程度でおさまることが多いのに対して、女性の場合には、足の付け根あたりのリンパが腫れて痛みが強く、排尿ができなくなってしまったり、患部がぼうこうや子宮の入口のほうにも及んでしまうことがあります。
また、大人になってからはじめて感染したような場合にはついては、皮膚のほうの症状にとどまらず、おおむね38度以上という高熱でダウンしてしまうということもあり得ますので、さらに注意を払う必要があります。
このようなヘルペスの症状があらわれた場合には、病院や診療所に行って診断をしてもらったのち、抗ヘルペスウイルス薬の処方を受けるのがよいといえます。
抗ヘルペスウイルス薬を服用すれば、体内にあったウイルスはそれ以上増殖ができなくなって沈静化していきますので、症状も改善することになります。
ただし、このウイルスはいったん沈静化しても、神経節などに潜り込み、ひきつづき体内に居座り続けるのが普通ですので、体力が低下したときなどに再発することがあります。