ヘルペスは身近なウイルス

ヘルペスと聞くと皆さんはどういうイメージを持たれますか?何か恐ろしい病気なのかと思う人もいると思いますが、実は誰しも感染しているウイルスでよく聞く感染症として水ぼうそうがあり、ヘルペスは身近な感染症だというのが分かります。

尿道炎にもなるヘルペスは産婦人科受診

ヘルペスは、いくつか種類があります。ウイルスの名前や感染により症状が異なります。口唇や性器にできるものは単純ヘルペスウイルスによる感染、水痘や帯状疱疹は水痘・帯状疱疹ウイルスによる感染が原因とされています。
ヘルペスの症状としては、男性の場合は患部の表面にヒリヒリ感、むずがゆさを感じてきます。尿道炎になる場合もあります。男性は、尿道の開口部が肛門から離れているため、通常であれば尿道炎を発症する可能性は女性よりも少ないですが、ヘルペスウイルスなどに感染することで尿道炎になることがあります。女性の場合は、水ぶくれや潰瘍ができ、強い痛みで排尿が困難になることもあります。
ヘルペスは、性行為などにより感染します。潜伏期間は短く約2日から10日程度で発症します。症状が出ていない状態でもウイルスがいるためパートナーに感染させる可能性があります。
男性の場合は泌尿器科を受診、女性の場合は産婦人科を受診することになります。泌尿器科でも産婦人科でも症状が出て、ウイルスを採取できる状態であれば検査することができます。パートナーと一緒に受診する場合でも泌尿器科や産婦人科で受診することは可能です。恥ずかしさがある場合には、性病科を設けている病院を受診する方法もあります。
治療では、5日から10日程度、内服薬や軟膏を塗ることになります。症状に合わせて治療法は異なります。酷い場合には、点滴治療を受けることになります。病変部分の症状が治っても神経節にウイルスが潜伏しているため、再発することがあります。一般的には、過労やストレス、性行為などの刺激によってウイルスが活性化することにより再発します。また、コンドームの使用だけでは完全な予防はできません。