ヘルペスは身近なウイルス

ヘルペスと聞くと皆さんはどういうイメージを持たれますか?何か恐ろしい病気なのかと思う人もいると思いますが、実は誰しも感染しているウイルスでよく聞く感染症として水ぼうそうがあり、ヘルペスは身近な感染症だというのが分かります。

川崎で女性と性行為してヘルペスになった場合の対処法

川崎には全国的にも有名な風俗のお店が多くあるので、そうした場所で性行為をする男性は多いです。実際に川崎で性行為をして女性からヘルペスなどの病気をもらってしまったときには、すぐに薬で治療してもらわなくてはいけません。川崎には高級な風俗店もありますが、風俗の女性と性行為をするとヘルペスなどの性病に感染しやすいというデータもあるので、お店で性行為をするときであっても避妊具を付け忘れないように注意をしなくてはいけません。ヘルペスは、基本的に全ての性行為の方法で感染する病気です。普通の性行為だけではなくオーラルセックスなどをすることでも容易に感染してしまい、病原菌が付着している部分に男性が接触してしまうとそれで病気が移ることもあります。感染をしたと感じて検査を受けると約2日から3日程度で結果を知ることが出来ますが、発症するまでの潜伏期間も最短で2日程度しかないので念のために薬の処方に関しても相談しておかなくてはいけません。男性が女性のヘルペスに気づくためのポイントは、女性の陰部がどのようになっているのかを最初に見ておくことです。ヘルペスにかかると陰部に水泡性の物体が存在することがあるので、陰部を見てブツブツのようなものがあるのならばその女性との性行為は避けることが大事です。発症して時間が経つとまともに歩くことが出来ないくらいの痛みが女性には伴うことになるので、お店に来て仕事をしている人は潜伏期間内である可能性が高いのも否定はできません。ヘルペスの症状は基本的に男性よりも女性の方が症状が重いことが遥かに多いので、女性側の対応を見ておけばある程度の症状を予測することは可能です。ですので、安易に性行為をしないように行動しましょう。